cayof note

2022.06.08

カヨフの試作リング


 

オーダーメイドでの指輪制作はオリジナルだからこそ

『思い描いていたデザインと違ったらどうしよう…』

といったご不安な部分もありますよね。

 

カヨフでは安心してオーダーいただけるよう、

本制作の前に“試作リング”の制作をしております。

 

 

今回は、この“試作リング”についてご紹介させていただきますね。

 

 

*目次*

・カヨフのオーダーの流れ

・カヨフの試作リング

 ∟試作リングって?

 ∟本制作との違いは?

 ∟試作は必要?

 ∟試作リングのお試し期間

 ∟試作リングを試したあと

・さいごに

 

 

 

カヨフのオーダーの流れ


 

“オーダーメイド”と聞くと

とても難しいイメージをもたれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

まずは、カヨフのオーダーの流れを簡単にご案内いたしますね。

 

①ご来店またはオンラインにてお打ち合わせ

②お見積もり・デザイン画作成

③試作リング制作

④試作リングお試し期間

⑤本制作リング制作

⑥ご納品

 

もちろん、各ステップではお客様としっかりとお打ち合わせをさせていただき

サポートさせていただきますので、ご安心くださいませ。

 

 

今回、お話するのは③の“試作リング”について。

オーダーメイドで一つ一つ手作業で制作しているカヨフだからこその

“試作リング”の魅力についてご紹介いたしますね。

 

 

 

カヨフの試作リング


 

カヨフでは、ご婚約指輪・ご結婚指輪をご成約のお客様に、

“試作リング”をお作りしております。

 

 

アトリエにて職人が2,3週間かけて、

一つ一つ心を込めて手作業で制作をしている、

お二人のためだけに作られる指輪。

 

試作リングの完成を待っている時間もドキドキした気持ちも

お二人だけの特別な瞬間です。

 

 

完成までの全ての時間をお楽しみいただけるよう

精一杯サポートさせていただきます。

 

 

 

 

<試作リングって?>

試作リングとは本制作リングを制作する前に、

デザインやサイズを実際に確認していただく『試作品』の指輪のこと。

 

デザイン画では再現をすることができないテクスチャーや表面の凹凸感の再現はもちろん、

石の留め方、サイズも本制作の指輪と同じです。

 

ダイヤモンドなど、石付きデザインの場合もご安心ください。

模造石をお入れいたしますので、しっかりとデザインのご確認をしていただけます。

(一部、模造石のご用意がないものもございます。)

 

 

実際にイメージしていたデザインが“カタチ”となることで、

デザイン画とのイメージに差がないかご確認いただけるのも試作リングの魅力の一つです。

 

-ご結婚指輪のデザイン画-

 

-ご婚約指輪のデザイン画-

 

試作リングと本制作リング-

▷左:試作リング(シルバー素材)

   ご婚約指輪:イエローゴールド色(石は模造石)

   ご結婚指輪:プラチナ色

▷右:本制作リング

   ご婚約指輪:K18イエローゴールド(ブラウンダイヤモンド)

   ご結婚指輪:プラチナ950

 

 

 

 

<本制作との違いは?>

プラチナやK18ゴールド素材で作る完成品の本制作リングとは違い、

試作リングはシルバー素材で制作をします。

 

▷左:試作リング(シルバー素材/イエローゴールド色)

▷右:本制作リング(K18シャンパンゴールド)

 

 

 

試作リングではシルバーの上からコーティングをかけて、

プラチナ色、イエローゴールド色、ピンクゴールド色の色味を再現しているんですよ。

 

グレイッシュゴールド、シャンパンゴールド、グリーンゴールドに関しましては、

メッキをかけて色味の再現ができないため、似ている色味での再現となります。

 

実際の色味での試作リングをご希望の場合は、本物の素材で制作することとなり、

別途お預かり金を頂戴させていただいております。

 

 

 

<試作リングは必要?>

『デザイン画だけでイメージはできたから試作はいらないかな』

『少しでも早く完成品が欲しい!』

『そもそも試作リングって本当に必要?』

と思う方もいらっしゃいますよね。

 

ですが、末永く着けるブライダルリングだからこそ、

試作リングがとても重要なんです!

 

 

指輪の形や幅、厚みによって指輪の着け心地は変わります。

 

また、実際に自分のサイズで指輪に着けてみたら他の指へ当たる感覚が気になったり

石の留め方が気になったり、思ったよりリング幅が細く感じたり…

時間帯や体調で指が浮腫むこともあるのでサイズ感も変わります。

 

 

『サイズが合わなかったらサイズ直しすればいいよね』

とお考えのお客様もよくいらっしゃるのですが、

実はサイズ直しは指輪にかかる負担がとても大きいのです。

 

そのため、試作リングでしっかりとご確認いただくことがとても大切なんです。

 

 

指輪を選んだその日のその一瞬だけではなく、

日常生活でしっかりとお試しいただくことで、自分に合った本当の指輪へ近付きます。

 

 

 

<試作リングのお試し期間>

試作リングは日常生活で1週間ほどお試しいただき、

本制作に入る前にご返却をしていただきます。

 

 

実際に指輪をつけて生活をしてみて、気になる点が出てきたら

ご納得いただけるまで何度でもデザインの修正をさせていただきますのでご安心くださいね。

特別な指輪だからこそ、とことんこだわりを詰め込みましょう!

 

 

1週間指輪をつけてみるとさまざまな発見があるんです。

実際に試作リングをお試しいただいたお客様からはこのようなお声が…

 

 

-つけ心地のいいデザインに-

 

『妻の指輪は沢山のダイヤをあしらっているので家事などでどうなるか不安だったのですが、試作リングをしばらくつけて過ごすことができたので、つけ心地なども確認した上で安心してオーダーさせていただくことができました!』

 

『試着リングを作っていただけるので、サイズ感や肌への当たりを実際に試せるのが良かったです。実際、試着リングで指輪内側のエッジが少し肌に当たると感じたので本制作では角を取ってもらい、とても着け心地のいいリングになりました。』

 

 

 

-サイズ感の確認-

 

『実際につけて生活をし、変えたい部分があればデザイン、素材、幅等細かなものから大きな変更が可能です。私は試作品が太すぎたため、サイズを0.5号下げましたが、このような修正が効いて良かったです。』

『1週間ほど、お試しできる期間があり、最終的に試作とは違うテクスチャー、サイズを選んだので付け心地を試せるのは本当にありがたかったです。』

 

 

-指輪を着け慣れていないお二人も-

『普段アクセサリーを身に着けない私たちにとって、試着リング貸出(お試し期間1週間)は大変ありがたく、自身にフィットするサイズやデザインを改めて確認できました。』

 

『指輪はつけてみないと分からないことが多いです。特に男性は毎日指輪をつけることはなかなかないので、1週間彼につけて生活して貰えたのも楽しかったです。』

 

 

 

実際にお試しいただくことで、

“よりお二人らしいデザイン”  “つけ心地の良い安心した指輪” 

となり、ご安心して本制作をお任せいただけました。

 

 

 

 

<試作リングを試したあと>

最終デザインが決まったら、本制作のスタートです。

ちなみに、本制作ご納品時に試作リングの買取も可能です。

 

『記念に残しておきたい!』

『本制作とデザインを変えたからファッションリングとしてつけたい』

そんなお客様もたくさんいらっしゃいます。

 

 

買取をした試作リングは

披露宴の際のウェルカムスペースにデザイン画と一緒に飾ったりもちろん日常使いしても◎

 

試作リングもこの先しっかりとメンテナンスもさせていただきますのでご安心くださいませ。

 

  

 

 

 

*最後に


 

オーダーメイドの一番の魅力は、お二人の想いを形にできること。

 

『あれ、思ってたデザインと全然違う…』

なんてことにならないために、

たくさんお話を聞かせていただき、試作リングを制作させていただきます。

 

 

想いが詰まった形“試作リング”をはじめてご覧いただいたときに、

お二人の喜んだお顔を見れたら私たちはとても幸せです。

 

これから永くお二人と時間を共にするブライダルリング。

 

カヨフでは、完成までの全てのステップを

ご納得いただけるまでじっくり進めさせていただきます。

 

 

ご検討中の段階でも、お気軽にご相談くださいね。

 


 

note一覧