Platinum

プラチナ


カヨフが採用しているプラチナ

カヨフでは「プラチナ950」と呼ばれる
95%プラチナ、残りの5%をパラジウムとルテニウムで配合した
最高級のプラチナを使用しています。

意外と知られていませんが、プラチナはK18よりも柔らかいため
傷が付きやすい傾向にあります。
そこでカヨフでは適度な硬度と純度、加工のしやすさを兼ね備えた
プラチナ950を採用しています。

プラチナ900→×(柔らかいため)
プラチナ1000→×(硬くして使用するがサイズ直しが困難なため)
プラチナ950→○(硬さ、純度、アフターの利便を兼ね備えた高級な素材)

プラチナとは

プラチナとは、「白金」と別称される希少価値の高い貴金属です。
近年は約7割以上が南アフリカから産出されていると言われております。
その用途は、工業で浄化触媒やハードディスクなど、
または投資品として多く用いられるとされますが、
私たちにとって一番身近な用途として指輪など
宝飾に使われることが全体に約2割を占めると言われております。

Ptとは

プラチナは、金と同様に純度によって分類されています。
「Pt」というプラチナの元素記号の後に続く数字は
純度を表しております。
例えば、Pt850なら全体の85%、
Pt950なら95%のプラチナが含まれていることを意味します。
指輪やジュエリーではPt1000表示もありますが、
実際には約99.95%の含有量が強度の限界なので、
100%のプラチナは存在せず、
あくまでもジュエリー業界の習慣で表示してされております。

国際基準となるPt950

「プラチナ・ギルド・インターナショナル(PGI)による国際基準が定められており、
プラチナのPt950(純度95%)以上の基準を満たしていないものは、
プラチナと認められません。ですので、純度95%以上の
プラチナは高品位として認識され、
海外の高級ブランドでよく使われるのもこのためです。
ただ、正式にプラチナとして認められる以下の純度が価値ないというわけではなく、日本のISO基準ですと、Pt850(純度85%)以上であれば
プラチナとして指輪やジュエリーなどで使うことが可能です。

Pt1000

Pt1000は純度が99.95%のプラチナのことです。
理論上100%の純金属は存在しないため、
Pt1000「純プラチナ」は純度が99.9%以上のプラチナを指します。
ほぼ100%の純度ということから、
婚約指輪や結婚指輪で「純粋な愛」を表現することができます。
ただ、Pt1000プラチナは軟らかい性質があって、特殊な加工を施すことによって
硬度を確保しています。
そのためサイズ直しができないことや、加工がしにくいのがデメリットです。
またPt950など銀白色よりも、色味が若干黒みが強いです。
ですので特殊な加工なしに指輪やジュエリーなどに使用されることは
一部のブランドを除くとほぼありません。

Pt900

パラジウムなど割り金を10%混ぜたプラチナを一般的に
Pt900と呼びます。
ルテニウムを配合していないため、
硬度が比較的に柔らかく傷がつきやすいプラチナです。
硬度が低い分加工もしやすく、
サイズ直しや修理にも対応してくれる店も多いのがメリットだと言われております。国内では結婚指輪などによく使われており、
純度95%以上のプラチナよりも値段を抑えることができます。
価格は抑えたいという人にはおすすめですが、
デメリットと言えば、傷のつきやすさ、変形のしやすさ、
Pt950に若干劣る輝きです。
カヨフの結婚指輪はこれらを踏まえPt900の採用を行なっておりません。