Gold


カヨフが採用しているゴールド

「ゴールド」と言っても、素材の配合によりたくさんの種類が
あるのをご存知でしょうか?

カヨフで使用しているゴールドに関しましてご説明いたします。

K10 イエローゴールド
K10 ピンクゴールド
K10 ホワイトゴールド

(上記画像左から)
K18 グレイッシュゴールド
K18 ピンクゴールド
K18 シャンパンゴールド
K18 グリーンゴールド
K18 イエローゴールド

基本的に上記の8種類を使用しております。
オーダーメイドやアレンジに関しましては、

K18ホワイトゴールド
K22 イエローゴールド
K24 ピュアゴールド

での制作も行なっておりますので、こちらはご相談ください。


K10とK18の違い

K10ゴールド、K18ゴールドはよく耳にするフレーズですが
単純になんの違いなのかわからない方も多くいらっしゃいます。

簡単にご説明しますと、

K10は約41%のゴールドを含んだ貴金属
K18は約75%のゴールドを含んだ貴金属

という意味合いがございます。

また、ゴールドに表記される「K」とはカラット(karat)の
頭文字のことで「24」を100%として表記しています。

K18だと 18:24 75%:100%
75%のゴールドが含まれているというがわかります。

なぜ100%ではないのか

K24=100%のゴールドということは先ほどご説明いたしましたが
どうして100%のゴールドのジュエリーは少ないのでしょうか?

金属というのは基本的に純度が高いほど柔らかく、傷などが
つきやすい性質があり、他の金属を配合して強度を高めています。
K18はとてもバランスのとれた素材で、配合によって
色味を変化させることのできる万能で高級な地金なのです。

イエローゴールド

イエローゴールドは主に銀と銅を割り金として配合されます。
白さと赤みが増して純金より独特の華やかな黄金色に輝き、
明るくゴージャスな雰囲気で暖かみのある色合いです。
主に銀・銅を混ぜた合金で、変色にも強い素材とよく言われます。

且つ、イエローベースということもあって、
変色したとしてもあまり目立ちませんので、
日常生活で身に着ける結婚指輪などにはおすすめの素材です。

欧米では結婚指輪などブライダルジュエリーの主流ですが、
日本人の肌にもよくなじむ、と言われています。
純金と比べて硬度が高く、加工しやすいことからより繊細な
デザインの指輪にアレンジが可能ですので、

オーダーメイドやリフォームの加工などは当店にてお気軽にご相談ください。

ピンクゴールド

主に銅を混ぜて配合していることが多いとされます。

ピンクの発色でさらに白い輝きを出すには
パラジウムなどを少量加えることもあります。

銅で赤みを増して柔らかく女性らしい優しいな色合いです。

ゴールドの中でも暖色系ということで、肌になじみやすく、
シックで落ち着いた雰囲気の手先を演出してくれます。
ほかのゴールドに比べて銅の割合が高いため、
硬度が最も高くなります。
サイズ調整など加工が難しい場合もありますので、
事前にご注意とご確認が必要です。

また、メンテナンス面に関してもイエローゴールドなどと
違って割り金が変色した場合はより目立ちます。
特に、銅の配合率が比較的に高いので、
汗や温泉などに銅が反応して変色することが良くあります。

日常生活の中で結婚指輪の使い方や保管のしかたなど心がけが必要です。

ホワイトゴールド

ゴールドにパラジウムや銀を配合することで
白い輝き最大限に生かしたシルバー色のゴールドです。

また、真っ白に仕上げるため、ロジウムで表面にコーティングが施されます。
※ロジウムでの表面加工技術が、一般的に「メッキ」と言われています。

「白い貴金属」と言われることが多いですが、
もともとはプラチナの代用品として開発されたものです。
変色や変質にしにくいですが、
時間が経てメッキが剥げて下地の薄い金色が見えることもあって、

定期的にメンテナンスは必要になってくる素材です。
(当店では通常は使用しておりませんので、
オーダーメイドでの取り扱いのみとなります。)

メッキが剥がれてきた場合に、再コーティングをさせていただきますので、
お気軽に当店にてご相談ください。